カテゴリー: 未分類

占いは心のお医者さん

こんにちは。

以前占いをしてもらった時に興味深い話たとえ話を聞いたので書いていきたいと思います。

何かと言うと占いで相談したりブレスレットを作成することは、お医者さんに行き診察を受けお薬を処方してもらうことに似ているそうです。

相談者が占いたいことを話し、占い師がそのことについて占う(診察)。ブレスレットはお薬みたいなものですかね。

ですから占う際は相談者側はきちんと何をどう占っていきたいか具体的に話すことで(症状をよく説明すること)、占い師側もより適切に占う事(より適切に診察)ができるんだそうです。

占いに行ってみる際は意識してみるといいかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です